流れに乗ってみた。ら? - ハナブローチ作家の日常 -

シレパ岬

道東ドライブ記録の続きです。

今度は砂利道。
d0169613_11333571.jpg

砂利道って、最近はほとんど見かけなくなりましたよね。
d0169613_11333544.jpg




昔は結構あちこちにあって、
小学校低学年の時、クラス行事のサイクリングで
まだチャリンコに乗れるようになったばかりにも関わらず
長い長い砂利道を走らなくてはならなくて。

ギザギザの大きな砂利にタイヤをとられて
何度もすべったりころんだり
傷だらけになりながら
半ベソかきながらの 片道20km

行きも砂利道なら帰りも砂利道で
しかもそのすぐ脇は土手になっていて
滑り落ちるのも怖くて
置いていかれないように必死で
本当に長くて長くて苦行でしかなかったことを
何十年経っても思い出します。


車は最高!(笑)。


駐車場に到着。


馬頭観世音の下に丹頂鶴
と思いきや、
単なる傷だったという驚き。



セキネップよりさらに丈の低い植物ばかりです。

足元には、こんな赤っぽい砂利と土。

あまり見ない色だなと思い、ついパチリ。


なだらかな上り坂は まだまだ続きます。



細くなっている岬なので、
左手にも海


少し低くなっているところに
白樺の低木



右手にも海。

足元の笹は、細くて小さくて
でもこんな強風の岬の先っぽで
しっかりと根を張っています。

なめらかな起伏

風か水か…
根っこの下の土がえぐられるようになくなっています。


白樺越しに大黒島が見えてきました。
鹿が海を泳いで渡って、
たくさんの鹿がいるそうな。

風が右から吹きつけるのがわかる木々の枝々。


ポツンと見える人工物。
とてもさみし気。



大黒島


うっすら見えるのが
厚岸湾越しの対岸



本当はここにあったはずの
尻羽岬(シレパみさき)の看板も
土台だけが取り残されています。


ようやく先っぽに。

ますます火サス感!の断崖絶壁越しの鳥居。

とはいっても多分見えないと思うので、ズーム。



さらにズーム。



義経が来たとか…
その乗っていた船が岩になったとか…


で、この断崖絶壁を登ったとか…



わたしはスマホさえ強風にあおられて持っていかれそうになりましたが、
義経ならできるのかも。


というか、
よくまぁあんなところに鳥居建てたよね? という感想。

周囲は荒波。
地上は断崖絶壁。

すさまじい海風に
岩も結構な高さがありそうです。



大黒島もズームで。

さすがに鹿は見えません。

シレパ岬にも
鹿も人もいません。


先ほど見えていた人工物は、
海難物故者供養塔でした…


と思ったら、
向こうから人影が。

ここで人にお会いできるとは思いませんでした。

結構ご年配の方を含む女性3名。

大荷物でいらしていましたが、
ご参拝でしょうか…


戻ってきました。

車が2台…
と思ったら
もう1台入ってきました。

砂利道を長く走った
先っぽの先っぽで
こんなに人にお会いできるとは。

ひさびさのお天気だったので
思うところある方々が来ていたのかもしれません。












by taeco0326a | 2018-06-30 12:32 | くしろ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


北海道の東の端で 大人の女性の美しさを引き立てる ハナブローチ をつくっています。
by taeco0326a
プロフィールを見る

ホームページ

 つけるだけで
    パッと華やぐ

   ハナブローチ

最新の記事

お祓い
at 2018-07-21 12:10
クマヤキ再び
at 2018-07-20 13:15
イル・ドーノ
at 2018-07-19 13:12
北海道小麦キャンプ 2018..
at 2018-07-18 13:00
青い蝶のイヤーカフ
at 2018-07-17 14:55

検索

最新のコメント

> megさん こちらこ..
by taeco0326a at 13:02
この度はほんとうに素敵な..
by meg at 14:23
> megさん こんにち..
by taeco0326a at 09:04
こんにちは。新しいチャレ..
by meg at 22:00
> megさん、こんに..
by taeco0326a at 11:58

イラスト:まるめな